スラムダンク

この漫画は、なんといっても、主人公始め、全キャラクターが濃い。ここでは主人公の紹介を中心とさせていただきます。(是非読んでほしいため)

まず、桜木花道は主人公で、バスケ初心者。どこにでもいるヤンキーである。赤木剛憲の妹である、晴子に惚れている。この恋は果たして上手くいくのか。。

ほか、登場人物を次々に紹介していく。

流川楓は、湘北のエース。バスケが神レベルにうまく、イケメンかつクール。女子からモテモテの存在。中学、高校と一人はこう言うタイプいたよね。

赤木剛憲は、湘北高校のキャプテン。神奈川県を代表するプレーヤー晴子の兄。情に熱く、この人にならついて行きたいとさえ思ってしまう。

宮城リョータは、湘北高校のスピードスター。身長は低い。マネージャーのあやちゃんに惚れている。試合では、小柄ですばしっこいため大活躍。

三井寿は、通称ミッチー。元中学MVPだが、怪我が原因でグレてしまった問題児。3Pシュートを得意とする。中学時代の決勝戦で安西先生から、「諦めたらそこで試合終了だよ」と言う名言を引き出した男。この名言は、もはや誰もが知っているであろう名言ではないか。

木暮公延は、メガネ君。副キャプテン。いつも冷静で、大人。こう言うタイプは、どこでも必ず一人は必要とする。

と、キャラクターがかなり良い味を出してくる漫画となっている。

バスケの知識がつき、諦めないことの大切さを教えてくれる。

笑い感動があり、涙なしでは読み進めることの出来ない漫画となっている。