気長に続編を待つかんなぎ

「かんなぎ」はコミックREXで現在も連載されている漫画です。2008年にはアニメ化もされて一躍人気になった作品ですが、読者が勝手に妄想したせいでネット上でかなりの騒動が起こってしまい、その最中に作者である武梨えりさんがくも膜下出血のために倒れて入院してしまい、数年間の休載期間がありました。無事、続きが読めるようになって良かったです。

そんなかんなぎの内容ですが、主人公の仁とヒロインで神様のナギを中心とした、日常系のラブコメになっています。ただ、他の作品とは違って、ラブコメではありますが、ちょっと重たい設定がある部分もあるので、読む人の中にはちょっと遠慮したいと思う部分があるかもしれません。ただ、その部分もひっくるめて、非常に面白いと言えるので、ぜひ多くの方に読んでもらいたいです。

とはいえ、基本的には萌えな感じが前面に押し出されているので、ハマれる人はかなりハマります。また、アニメ化された当初では、女性作者の描く萌え系の日常漫画は珍しかったように記憶しているので、いろいろと見始めたころでは分からなかったことが多かったです。BLとか、百合とか、そこまで濃くはありませんが、そのような要素をギャグとして使いながら、面白いラブコメに仕上がっています。

そして、個人的におすすめしたいのが、おまけ漫画です。たまに単行本の巻末におまけ漫画として短編の読み切りが掲載されているのですが、これがかなり面白い内容なので、ぜひ単行本を買った際には、本編だけでなく、おまけまでしっかりと読んでみると非常に楽しめるかと思います。

また、漫画で単行本を集めるのは面倒、と思ったらアニメを見てみるのもいいですよ。アニメは基本的に原作に沿っていますから、安心して見れるかと思います。もちろん、アニメを見た後は、私と同じように続きの単行本から集め始めて、結局全巻購入する運びになると思います。ですので、アニメから見ても全く問題はありません。

まだまだ続きが描かれており、作者さんもマイペースに休載を挟みながら描かれているそうです。ですので、続きが気になっても私のように気長に待って、続きが読める時まで楽しみに待っておくのが非常におすすめです。